zukiの備忘録

忘れないように

2018年末発売予定の本格4KTVまでの繋ぎとしてあり?新発売のドン・キホーテ格安4K第二弾

 2017年9月28日記

 

ジェネリックREGZAこと格安4KTVで名を馳せたドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格PLUS」から格安4KTVの後継モデル「50V型ULTRAHD TV 4K液晶テレビ LE-5060TS4K」が10月3日に発売されるそうです。

f:id:hyzuki:20170928134408j:plain

▽同ブランドの4,980円FHDアクションカム
hyzuki.hatenablog.com

新モデルは輝度が300カンデラ→350カンデラに向上しているほかは、仕様面での変更はないそうで、メインボードの詳細については「非公表」となっています。

価格は前機種同様54,800円+税の59,184円

前機種は販売1週間で販売台数が初回生産台数3,000台にまでのぼり、予約が休止されるほど人気となりましたが、今回は「供給量を増やして販売する」予定があるそうです。

 

尚、フルハイビジョンの4倍高画質となる4K放送は東京オリンピックへ向け2018年12月から本格的に始まりますが、総務省は2016年6月に「現在市販の4K対応テレビでBSの4K放送を見るには今後発売される予定の外付けのチューナーが必要になる」と注意喚起しています。

 

私もお世話になっていますが、デジタルチューナーなどを扱うピクセラさんでは技術評価用としての外付けチューナーを「20万円で発売する予定」とのことです。

www.pixela.co.jp

大手家電メーカーは2018年12月に向け新4KTV(BS4Kチューナー内蔵TV)を発売する可能性が高いようです。

総務省Youtubeチャンネル

www.youtube.com

ちなみに地上波での4K放送は予定されていないそうで、再来年以降TVの主体が地上波からBS・CSに移行するきっかけになるかもしれませんね。

 

BS4K対応外付けチューナーの市販価格が20万円になるとは思えませんが、2~5万円はするかもしれません。そもそも今スグ4Kが必要かどうかという点も踏まえて格安4Kを検討してみたいと思います。

 

※ご注意ください:本ブログに記載の事項や価格は個人的に調査した内容ですので、間違いやその後の変更等がある可能性がございます。当ブログでは記事内容を保証致しません。ご購入を検討される際は、必ずご自身でメーカー公式HP等をご確認頂けますようお願い致します。